2月 16, 2017 - 旅行・地域    コメントは受け付けていません。

フランス・ヴァルマーニュ修道院の庭

P1120006モンペリエから、地中海のセートへ行き、ここからタクシーを使って、内陸にあるヴァルマーニュ修道院へ。
1138 年に建設された旧シトー会派修道院で、フランス革命でワイン倉庫となってしまった修道院です。しかし、聖堂、回廊は美しく、敷地内の入り口近くのハーブ園は充実し、木枠の中に一種類のハーブを植える修道院ハーブ園としての形を残し、太陽のもとにクラリセージ、オレガノ、マートル、コンフリー、ラベンダーが元気に咲いていました。隣の果樹園にはリンゴ、ヨウナシ、イチジクが実り、横の作業小屋にはワイ ン製造の名残がありました。ここのハーブ園を見学に来る人は少ないようですが、フランスの方々は実に食文化。
修道院レセプションでは、ワインをテイスティングでき購入できます。
修道院に隣接するレストラ ンは、オーガニックレストランです。 オーガニックの食事とテイスティングをしたワインを楽しむために、はるばる訪れる方多いそうです。
大きな ワイン樽がいくつもはめ込まれワイン倉庫になった聖堂で、その歴史をたどれます。 聖ベネディクトゥスの会則を守る白い僧衣のシトー会派は、勢力のあるクリュニー会派から別れ、より厳格な会派として聖ロベールが 11 世紀にシトー村に創設し、クレルヴォーのベルナールがヨーロッパ中に広めて行きました。広い地域に千いくつもの修道院が作られていき、中でもベルナールが関係するシトー会派修道院は、クレルヴォーを核にして 69 も建てられました。 修道院は、人里離れた川のほとりに、その土地の有力者から土地を提供され寄進を受けて、数人の修道士により、最初に教会堂を作り、祈りと労働の日々となります。何年もかけて回廊や仕事部屋、大食堂などが作られます。
P1110978P1120018

2月 16, 2017 - 旅行・地域    コメントは受け付けていません。

春の息吹

ろうばい菜の花暖かいお日様がありがたい2月です。
こちら見沼田んぼに、春がゆっくり届いています。
春の花、蝋梅、白梅、紅梅、菜の花が咲き、美しい季節がやってきたと感じられ、 香りが楽しめます。
特に朝まだ暗いうちは、香りに誘われるほど。
桜並木も、枝が赤っぽくなってきました。桜の季節もそう遠くはなさそう。
見沼用水では、シラサギが辛抱強くじっと餌を狙っています。
雨が降らないので、用水の水も少ないのですが。
朝は厳しい気温ですが、日中は春うらら!と、多くの人が見沼の春を楽しんでいます。紅梅白梅

7月 20, 2016 - 旅行・地域    コメントは受け付けていません。

フランス ル・コルビュジエ氏設計の修道院

ラ・トゥーレット修道院 1 ラ・トゥーレット修道院 2 ラ・トゥーレット修道院 3コルビュジエ建築群が世界遺産に登録されました。
フランス、リヨン郊外にドミニコ会修道院のラ・トゥーレット修道院Couvent Sainte-Marie-de-la-Touretteがあります。
ラ・コルビュジエ氏の1953年設計で、1960年に出来上がった際立った建物です。
2015年7月に訪ねていました。
リヨンからローカル鉄道で、ラルブレル駅で下車。そこから少し登って目指します。
そう遠くなく、修道院が見えてきて、大学生たちが修道院建物をスケッチしていました。
今まで訪ねた多くの修道院のイメージから、ガラッと外れましたが、この静かでモダンなたたずまいが、修道士たちの祈りの場所であることに感動しました。

ページ:1234567...13»