8月 19, 2017 - 旅行・地域    コメントは受け付けていません。

フランス・パリ ジャルダン植物園

ビュフォン1739から 41年間P1140484P1140445ベラドンナスペアミントフランス、パリにあるル・ジャルダン・デ・プラント・ドゥ・パリLe Jardin des plantes de Paris(王立植物園)は、1640年に公開された。 その後ビュフォンが1739年から41年間で、植物園を大きく成長させたのです。 ビュフォンは、『博物誌』(Histoire naturelle generale et particuliere)を書いた博物学者です。 植物園では、ビュフォンの銅像が見守っています。

以前は3月に来て、ほとんどのハーブは、まだ土の中。
今回は元気なハーブに会えました。

手入れをする方々のおかげです。

パラケルススの区画は、薬になる毒草。ベラドンナの実がたくさんなっていました。

7月末のパリは雨で寒く、ハーブで一番元気だったのが、ミント類で、スペアミントの写真を。

8月 19, 2017 - 旅行・地域    コメントは受け付けていません。

アルチンボルド

アンチンボルド展 西洋美術館多血質アンチンボルド胆汁質アンチンボルド黒胆汁質アンチンボルド粘液質アンチンボルド上野の西洋美術館で開催されている「アルチンボルド展」を観てきました。
2年前に出版の「四気質の治療学」には、アルチンボルトの四元素の絵が導入されているからです。
本の写真では、細かい部分までは見ずらいのでアップにしました。

 

 

四気質の心理学(P.173~)のページでは、
●風の気質の多血質を鳥で表現しています。あらゆる鳥が頭から洋服まで。
(絵の題名は「大気」)

 

 

 

 

 

 

 

●火の気質の胆汁質は頭から炎が出ている絵で、金属で表されています。
(絵の題名は「火」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●土の気質の黒胆汁質は大型の哺乳類で表現しています。こんなにたくさんの動物が描かれているとは。
(絵の題名は「大地」)

 

 

 

 

 

●水の気質の粘液質は水生生物で表現しています。カニもカメもいて、すごい魚たちでできています。
(絵の題名は「水」)

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュゼッペ・アルチンボルドは16世紀にミラノで活躍。その後ウィーンで宮廷画家として活躍しました。

気質がわかりやすく、鳥や動物、魚類がいくついるのか、小学生たちが夏休みの研究課題でたくさん来て数えていました。
9月24日までです。
圧巻です。
★四元素の絵は。絵葉書からスキャンしたものです

2月 16, 2017 - 旅行・地域    コメントは受け付けていません。

フランス・ヴァルマーニュ修道院の庭

P1120006モンペリエから、地中海のセートへ行き、ここからタクシーを使って、内陸にあるヴァルマーニュ修道院へ。
1138 年に建設された旧シトー会派修道院で、フランス革命でワイン倉庫となってしまった修道院です。しかし、聖堂、回廊は美しく、敷地内の入り口近くのハーブ園は充実し、木枠の中に一種類のハーブを植える修道院ハーブ園としての形を残し、太陽のもとにクラリセージ、オレガノ、マートル、コンフリー、ラベンダーが元気に咲いていました。隣の果樹園にはリンゴ、ヨウナシ、イチジクが実り、横の作業小屋にはワイ ン製造の名残がありました。ここのハーブ園を見学に来る人は少ないようですが、フランスの方々は実に食文化。
修道院レセプションでは、ワインをテイスティングでき購入できます。
修道院に隣接するレストラ ンは、オーガニックレストランです。 オーガニックの食事とテイスティングをしたワインを楽しむために、はるばる訪れる方多いそうです。
大きな ワイン樽がいくつもはめ込まれワイン倉庫になった聖堂で、その歴史をたどれます。 聖ベネディクトゥスの会則を守る白い僧衣のシトー会派は、勢力のあるクリュニー会派から別れ、より厳格な会派として聖ロベールが 11 世紀にシトー村に創設し、クレルヴォーのベルナールがヨーロッパ中に広めて行きました。広い地域に千いくつもの修道院が作られていき、中でもベルナールが関係するシトー会派修道院は、クレルヴォーを核にして 69 も建てられました。 修道院は、人里離れた川のほとりに、その土地の有力者から土地を提供され寄進を受けて、数人の修道士により、最初に教会堂を作り、祈りと労働の日々となります。何年もかけて回廊や仕事部屋、大食堂などが作られます。
P1110978P1120018

ページ:1234567...13»