11月 23, 2017 - 旅行・地域    コメントは受け付けていません。

日本の巨樹めぐり1

2012_0618_121553-P1050967 2012_0618_122332-P1050973日本各地を旅をすると、森の国日本の巨樹に出会うことが多々あります。樹木からパワーがあふれ出ていて、素晴らしい体験ができます。
ドイツの森と違うのは、神社が中心だからでしょうか。

日本一の大銀杏  2012年6月
青森県五能線の深浦、北金ヶ沢に「垂乳根の公孫樹(たらちねのいちょう)」と呼ばれる大銀杏がある。イチョウの巨樹には、乳根(ちちね)が垂れ下がり、乳の出ない母親たちがお参りすると、お乳が良く出たといわれています。
樹齢1000年以上、高さ31メートル、幹回り22メートルで、2017年のライトアップは11月28日までです。
P1110107

日本一の「蒲生の大楠」
鹿児島県姶良郡蒲生町、蒲生八幡神社にある大楠は、樹齢1500年説~3000年説がある。高さ27.5メートル、幹まわり23.3メートル、根回りは40メートル近く。(20153月に)

縄文杉
九州の最高峰の宮之浦岳がある、屋久島には屋久杉があります。樹齢1000年を超える杉を屋久杉と呼び、その屋久杉の代表が縄文杉です。周辺に生育するスギの大きさから導き出された樹齢が約7200年との結果が導き出され、縄文時代からの生き残りという理由から、縄文杉として呼ばれることとなったそうだ。それぞれの屋久杉に寄生植物で森ができていて、美しい。
苔の上に立つ屋久杉には、雨が必要で晴れる日が少ない。(2008年4月)
2008_0422_092402-IMG_3763

武雄神社の大楠  
佐賀県武雄市の武雄神社。ご神木といわれる大楠で、神社の裏手、鳥居をくぐってしばらく行くと、樹根の部分に十二畳敷の空洞があり、中に天神様を祀る巨樹がそびえています。韓国からも近いので、たくさんの観光客が木を見上げていました。(2017年11月)IMG_4742





8月 19, 2017 - 旅行・地域    コメントは受け付けていません。

フランス・パリ ジャルダン植物園

ビュフォン1739から 41年間P1140484P1140445ベラドンナスペアミントフランス、パリにあるル・ジャルダン・デ・プラント・ドゥ・パリLe Jardin des plantes de Paris(王立植物園)は、1640年に公開された。 その後ビュフォンが1739年から41年間で、植物園を大きく成長させたのです。 ビュフォンは、『博物誌』(Histoire naturelle generale et particuliere)を書いた博物学者です。 植物園では、ビュフォンの銅像が見守っています。

以前は3月に来て、ほとんどのハーブは、まだ土の中。
今回は元気なハーブに会えました。

手入れをする方々のおかげです。

パラケルススの区画は、薬になる毒草。ベラドンナの実がたくさんなっていました。

7月末のパリは雨で寒く、ハーブで一番元気だったのが、ミント類で、スペアミントの写真を。

8月 19, 2017 - 旅行・地域    コメントは受け付けていません。

アルチンボルド

アンチンボルド展 西洋美術館多血質アンチンボルド胆汁質アンチンボルド黒胆汁質アンチンボルド粘液質アンチンボルド上野の西洋美術館で開催されている「アルチンボルド展」を観てきました。
2年前に出版の「四気質の治療学」には、アルチンボルトの四元素の絵が導入されているからです。
本の写真では、細かい部分までは見ずらいのでアップにしました。

 

 

四気質の心理学(P.173~)のページでは、
●風の気質の多血質を鳥で表現しています。あらゆる鳥が頭から洋服まで。
(絵の題名は「大気」)

 

 

 

 

 

 

 

●火の気質の胆汁質は頭から炎が出ている絵で、金属で表されています。
(絵の題名は「火」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●土の気質の黒胆汁質は大型の哺乳類で表現しています。こんなにたくさんの動物が描かれているとは。
(絵の題名は「大地」)

 

 

 

 

 

●水の気質の粘液質は水生生物で表現しています。カニもカメもいて、すごい魚たちでできています。
(絵の題名は「水」)

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュゼッペ・アルチンボルドは16世紀にミラノで活躍。その後ウィーンで宮廷画家として活躍しました。

気質がわかりやすく、鳥や動物、魚類がいくついるのか、小学生たちが夏休みの研究課題でたくさん来て数えていました。
9月24日までです。
圧巻です。
★四元素の絵は。絵葉書からスキャンしたものです

ページ:1234567...14»