6月までのイベントのお知らせ

★メルヘンと香り講座  メルヘンをテーマに自然香水創りです
かつて子どもだった私たちが、純粋な子どもの頃を思い出して、メルヒェンを読み直し、イメージした、その時のテーマの香りのブレンドをいたします。すでに100篇以上のメルヒェンの香りを創っています。
単発でもご参加いただけます。

日時  第一木曜日 19:00~20:30 (5月は連休があるため第2木曜日)
会場  表参道セミナールーム 住所  港区青山5-17-2 シドニービル5F 表参道プラザ
お申込み・お問い合わせ モアビート 宮崎さん  080-2340-6789(宮崎)→こちらから

4,5,6月のテーマ
4月 「ぼくたちの宝物」 絵本  (きんのくわがた社)    ヤーノシュ文・絵 「くま君、この世でいちばんの幸せってなんだと思う?ぼくはね、お金持ちになることだと思うなー お金があったら経だって、ぼくにマス2匹買ってくれたよね、きっと。マスはぼくの大好物だからなー」幸せになることってお金もちになることだと思ったふたりの友だちは宝探しに出かけます。 はたして・・・・幸せさがしの香り

5月  「きゅうすいとうのくじら」 絵本  (至光社)   リューデガー・シュトイー文・絵 川で捕まえた魚が日に日に大きくなるので、お父さんが管理人を勤める給水塔の貯水槽でこっそり飼うことに。 どんどん大きくなる魚はどうなるのでしょう・・・無垢なやさしさの香り

6月 「夢のブナの木」 物語    レアンダー童話集「ふしぎなオルガン」より  リヒャルト・レアンダー文
みどりの芝草でおおわれた丘の上に、一本の古い大きなブナの木が生えていました。この木は異教徒の時代からもうあったので、一人の聖者がよこしまな異教徒の手にかかってころされ、その血をすすってみごとな大木になったといわれています。この木の下で眠り込んで夢を見ると夢がかなえられたとか・・・大木の力の香り

★第48回ヒルデガルトの植物を学ぶ会

期日 5月19日金曜日  時間 19:00-21:00
会場 ソフィアビル 3F (自由が丘駅 徒歩3分)
お問い合わせ ソフィアビル事務局  こちらから
林真一郎先生 テーマ  『ヒルデガルトの医学の特徴』 第2回 西洋・近代医学との比較~ヒルデガルト~シュタイナー~クナイプ神父~ドイツ自然療法の系譜を探る~
ヒルデガルトの植物(豊泉) テーマ  イラクサ&ワームウッド イラクサは、道端や藪でよく見かけ、触ると非常に痛いです。ワームウッドはハーブ園に欠かせない、とヒルデガルトは言っています。 イラクサを健忘症に!自分自身でも意識しないでも忘れる事が多くなったら、記憶力の番人としてイラクサが助けになります。
★宝石療法 カーネリアン 『ヒルデガルトの宝石療法』P.45
著者シュトレーロフ博士によると、「宝石は、皮膚を介して、全ての器官と自律神経に送信され、代謝、ホルモン調節、神経伝導や免疫システムに影響を与える」と、いうことです。
予告
6月にはシュトレーロフ博士著 ヒルデガルトの精神療法「35の悪徳と美徳」(仮題)が出版されます。フレグランスジャーナル社

Categories: Event, News