8月9月のお知らせ

★メルヘンと香り講座
メルヘンをテーマに自然香水創りですかつて子どもだった私たちが、純粋な子どもの頃を思い出して、メルヒェンを読み直し、イメージした、その時のテーマの香りをタオアシス精油でブレンドいたします。すでに100篇以上のメルヒェンの香りを創っています。単発でもご参加いただけます。
日時  第一木曜日 19:00~20:30
会場  表参道セミナールーム
住所  港区青山5-17-2 シドニービル5F 表参道プラザ
お申込み・お問い合わせ モアビート 宮崎さん  080-2340-6789(宮崎)→
こちらから

8
月9月のテーマ
8月3日「ちびドラゴンのおくりもの」 (国土社)   イリーナ・コルシュノフ著
チョコがすき!ケーキがすき!ゆかいな、しりたがりやのドラゴンが学校にやってきた。 学校では落ちこぼれのひとりぼっちの男の子ハンノーと、同じく落ちこぼれのドラゴンが出会って友情を育んでいきます。・・・「自分を信じる強さの香り」

9月7日「ケルンのお手伝いこびとハインツたち」絵本 (創英社/三省堂書店)   アウグスト・コーピッシュ著 
ケルンに住む、お手伝いこびとハインツたちは、赤い帽子に緑の洋服。愛嬌ある仕草で大聖堂つくりのお手伝い、パン屋さんも、肉屋さんも、ワイン工場も、洋服屋さんも、せっせと仕事をしてくれるこびとたちで大助かりです。しかしある日・・・「働き者の豊穣の香り」

第49回ヒルデガルトの植物を学ぶ会
「セラピスト」8月号はヒルデガルト特集が組まれています。
この「ヒルデガルトの植物を学ぶ会」も紹介していただきました!

期日 9月1日 金曜日
時間 19:00-21:00 会場 ソフィアビル 3F (自由が丘駅 徒歩3分)
お問い合わせ ソフィアビル事務局  →こちらから

林真一郎先生 テーマ『ヒルデガルトの医学の特徴』  第3回
西洋・近代医学との比較
ヒルデガルトのハーブの機能性と現代植物療法での機能性との比較について  ヒルデガルトは数多くのハーブのもつ機能性をビジョンによって得ています。一方、現代植物療法ではハーブの機能性を含有成分の植物化学的な説明によって行っています。このふたつの解釈は、一致することもあれば全く異なることもあります。こうした事例について、いくつかのケースを取り上げて検討したいと思います。

ヒルデガルトの植物(豊泉) テーマ 『 カスターニア/ヨーロッパグリ 』
カスターニアは知恵の木です。
秋になると日本でも栗が出回り、おいしい季節です。カスターニアは生栗、粉末、ゆで栗、焼き栗、あるいは葉、木部、皮、実を煎じたりします。また葉や木部の液汁など、ヒルデガルト療法では、この有益な木は、根以外のあらゆる部位が使われます。

カスターニアはヒルデガルト療法で栄養価の高い食材のひとつですが、レシピではなかなか多くは使われていません。その理由は下ごしらえに時間がかかるため。市販の製品としては、粉末、スライス、粗挽き、ピューレ、ジャム、生地などがあります。焼いたもの、冷凍したもの、カラメルソースで煮たものなどもあります。生の実は、ナッツのように柔らかくて、香りもよく、そのまま噛んだり食べたりもできます。現代では、圧力釜を使用する方法で、すぐにできるレシピをお知らせいたします。

宝石療法は、『べリル(緑柱石) 「ヒルデガルトの宝石療法」P.110

著者シュトレーロフ博士によると、「宝石は、皮膚を介して、全ての器官と自律神経に送信され、代謝、ホルモン調節、神経伝導や免疫システムに影響を与える」と、いうことです。

淡い緑色のべルリは、古代ローマ人がベルリを研磨し眼鏡に用いていたと、プリニウスが書いています。また、この緑色が視力を回復したのではとも。現代人のストレスには、身に着けていると緑の効力が発揮してくれるそうです。

Categories: Event, News