10月、11月のお知らせ

★メルヒェンと香り講座
ドイツ・メルヒェンをテーマに自然香水創りです
かつて子どもだった私たちが、純粋な子どもの頃を思い出して、メルヒェンを読み直し、イメージした、その時のテーマの香りのブレンドをいたします。
すでに100篇以上のメルヒェンの香りを創っています。単発でもご参加いただけます。
日時  第一木曜日 19:00~20:30
会場  表参道セミナールーム 住所  港区青山5-17-2 シドニービル5F 表参道プラザ
お申込み・お問い合わせ モアビート 宮崎さん
080-2340-6789(宮崎)→
こちらから
10月11月のテーマ

10月5日「くまくん、はるまでおやすみなさい」(絵本ブリッタ・テッケン・トラップ作       徳間書店
だんだん日が短くなってきました。くまくんはおかあさんと、冬ごもりの準備をしています。「さあ、くまくん、おともだちにおやすみなさいをいいにいきましょう」とおかあさんはいいました。くまくんとおかあさんは、アナグマや、リスたちをたずねて、あいさつをします。秋のおわりを迎えた動物たちと、おかあさんと一緒にはじめて冬ごもりをする子ぐまの姿を描いたお話です・・「秋の森の香り」

11月2日「天井と地上で」(絵本)      ハインリヒ・ホフマン 文と絵  創英社/三省堂書店
天国の土曜日・・天使は天上で歌ったり、神さまをたたえたりだけではないのです。一生懸命働かなくてはなりません。特に土曜日は天国全部のお掃除です。なぜなら日曜日は主なる神さまの日だからです。大忙しに働く天使たちのようすなど、ドイツ語と対比させてある絵本・・「聖なる始まりの香り」

 

★セラピスト誌セミナー
~セラピスト8月号はヒルデガルトの特集がありました。これに関連しての講座です~
会場が決まりました!


「ヒルデガルトの薬草学」入門セミナー 豊泉が行いますボイロン修道院
日時 10月14日土曜日 10:00~16:00

会場 セラピースペースパレット 204ホールにて
〒162-0816 東京都新宿区白銀町2-12 SILVER HILLS
会費 8,000円+税
内容・・ヒルデガルトの自然療法を通して、今回はヒルデガルトの歴史や背景をスライドを見ながら辿り、実践篇では、心臓に良い「ハートワイン」作りと味見、ヒルデガルトの修道院の庭を思い描くタオアシス精油での香水創りを行います。・・写真は、ドナウ川近くのボイロン修道院 の庭
お申込み・・・セラピスト・セミナー係・・・こちらへ

第50回ヒルデガルトの植物を学ぶ会&クリスマス会
11月は恒例のクリスマス会も行い、ヒルデガルトの常食であったディンケルパンなどでお祝いします。
サン・サヴァン修道院日時 11月24日 金曜日  時間 19:00-21:00
会場 ソフィアビル 3F (自由が丘駅 徒歩3分)
お問い合わせ ソフィアビル事務局  →こちらから


林真一郎先生 テーマ『クリスマスにちなんだ精油やハーブの最新情報』
 イエス誕生の際の東方の3賢者からの乳香・没薬・黄金の贈り物が現在のクリスマスプレゼントの起源といわれています。今回のセミナーではクリスマスにちなんだ精油やハーブを取り上げ、その機能性の最新情報をお伝えしたいと思います。クリスマスパーティーの準備を兼ねてぜひご参加ください。

豊泉真知子★とりあげる植物 『ミスルトゥー(西洋ヤドリギ)』~神聖なミスルトゥー クリスマスシーズンに家に飾り悪霊を追い払う~
冬になると木の葉が落ち、ヤドリギが目立ちます。青森ではブナの木に多く見ることができ、フランス修道院近くでも冬はポプラの木に多くみられました。
自然に落ちたヤドリギをドイツの人たちは家に飾り幸運の祈ります。
 ミスルトゥーは、高血圧を下げる作用があり、心臓が弱い場合や動脈硬化にも良く、低血圧の場合は血圧を上昇させるはたらきもある。「ミスルトゥーティー」は必ず水出ししましょう。水には、軽い有毒成分(例えば、グリコシドビスカルビン、ビスコトキシン)が溶け出さないためと、加熱により良い効果が減少するためです。
★宝石療法 サード(紅玉髄) 『ヒルデガルトの宝石療法』P.62
著者シュトレーロフ博士によると、「宝石は、皮膚を介して、全ての器官と自律神経に送信され、代謝、ホルモン調節、神経伝導や免疫システムに影響を与える」と、いうことです。赤色のカーネリアンと双子の兄弟石。どちらもカルセドニーですが、それぞれが持つ治癒力は違って、インフルエンザの頭痛や感染症や帯状疱疹には、サードのネックレスが有効だとヒルデガルトは書いています。
新刊『35 の美徳と悪徳・・中世ドイツの修道院医学 ヒルデガルトの精神療法』にもそれぞれに宝石療法が書かれていて、「サード」は、2:気まぐれ/秩序、13:憂うつ/至福、27:現生の不安/基本的信頼に、適応させています。

 

 

Categories: Event