12月、1~3月のお知らせ

メルヘンと香り講座
メルヘンをテーマに自然香水創りです。
かつて子どもだった私たちが、純粋な子どもの頃を思い出して、メルヒェンを読み直し、イメージした、その時のテーマの香りをドイツの精油「タオアシス」をノート別に使用してオリジナルのブレンドをいたします。すでに100篇以上のメルヒェンの香りを創っています。あなたに合った自然香水で幸せ感に浸れることでしょう。 初めてでも大丈夫! 1回でもご参加いただけます。
日時  第一木曜日(1月は第2木曜日) 19:00~20:30
会場  表参道セミナールーム 住所  港区青山5-17-2 シドニービル5F 表参道プラザ
お申込み・お問い合わせ モアビート 宮崎さん
080-2340-6789
(宮崎)→こちらから

2018年1月~3月のテーマ
1月11日  「耳の中の小人」(物語)    クリスティーネ・ネストリンガー著 さ・え・ら書房刊
子どもにも、いろいろなやみはあります。朝はパパのところから学校へ行き、学校からはママのところへ帰る。そんなアンナの力になってくれるつよい味方の小人さんが…。アンナの耳の奥に眠たがりやの小人が住みつきました。さびしいときや退屈なときは話し相手になってくれるし、なやみごとには手をかしてくれますが・・心強い力をくれる香り
2月1日  「クレーの天使」   パウル・クレー絵/谷川俊太郎 詩      講談社刊
スイスの天才画家パウル・クレーの描く45点の天使は線画であったり、造型画であったり、泣いている天使、忘れっぽい天使、用心深い天使など、それぞれが個性的であり、人間的です。谷川俊太郎が詩をつけています。絵を楽しみ、詩をいつくしむ。 素敵なおくりものです・・静かな癒しの香り
3月1日  「もぐらくんのすてきなじかん」(絵本)   ダニエラ・クロート著   フレーベル館刊
水槽をテレビだと思いこんでいるもぐらくん。みんなは「テレビじゃないよ!」と笑うけど、次第にもぐらくんのお話にひきこまれていき……。想像力のすばらしさをユニークに描いたドイツの翻訳絵本・・ユニークな想像力の香り

●グリーンフラスコ・セミナー「メルヒェンの香り」シリーズ
会場     グリーンフラスコ自由が丘店 セミナールーム
お問い合わせは、グリーンフラスコ教育事業部
電話
03-5731-1340
E-mail:baronhall@greenflask.com

冬篇  オルファ―ス作 「ねっこぼっこ」  花を支える大地の香り
12
月12日火曜日14:00-16:00
 大地に育まれた小さな虫や野の花たちを、オルファースは「ねっこぼっこ」という愛らしい子どもの姿で描いています。ジビュレ・フォン・オルファースは東プロイセンで1881年に生まれ、8人のきょうだいと一緒に、自然と触れ合いながら育ちました。大地のかあさんに見守られながら、「ねっこぼっこ」が、春に着飾り、色とりどりの仲間たちと、外へくり出していく様子を、オルファ―スが四季の移り変わりとともに描きました。「さあ おきなさい こどもたち もうすぐ春が やってくる」温かい土の中から、春をのぞく春の花の香りはアイリスやネロリ、ヤロウ、安心の大地のかあさんはアンジェリカやナルデなどで表現します。

春篇     グリム童話 「マレーン姫」      初々しい花嫁の香り
3月20日火曜日14:00-16:00

18世紀の後半から19世紀初めに、グリム兄弟は自国のゲルマン民族の宝である民間伝承、神話、伝説、民謡等ドイツ語を研究しながら集め、約200のお話を書いています。グリムのメルヘン集は7回にわたって改訂され、この『マレーン姫』は第6版に初めて登場します。
『マレーン姫』のような「伝承について書かれた本」からのお話は40話ほどあり、『完訳グリム童話集』にすべて収められています。
愛し合っている王子と結婚したいとのマレーン姫の申し出に怒った王は、真っ暗闇の搭の中に侍女をつけて、7年分の食べ物と飲み物を与え塞いでしまいます・・・マレーン姫は王子への愛だけを支えにして生きながらえたのでしょうか。 そして8年目に・・・春を感じるネロリやバーベナなどで、爽やかで優しく初々しい花嫁の香りに!

第51回ヒルデガルトの植物を学ぶ会
(毎回、テーマを変え初めての方にヒルデガルトの魅力をご紹介しています)
期日 2月24日 金曜日
時間 19:00-21:00
会場 ソフィアビル 3F (自由が丘駅 徒歩3分)
お問い合わせ ソフィアビル事務局  →こちらから
林真一郎先生
『神の法Lex divina ~ 同情と慈悲深さの7つの法について』シュトレーロフ博士は医療費の破綻を防ぐ最善の対策として神の法の7つの指針をあげています。私たちが健康で過ごす上でたいへん参考になるこの7つの指針についてコメントします。①空腹のものに食事を与える②喉の渇いたものに飲み物を与える③裸のものに服を着せる④家のないものに宿を提供する⑤病めるものを治す⑥死んだものを埋葬する⑦捕らわれたものを解放する
豊泉真知子 ★とりあげる植物 『フェンネル』
寒い時期、おなかの調子を整えるにはフェンネルティーが効果的です。フェンネルの葉も玉ねぎのような茎も、サラダやスープに利用できると著者シュトレーロフ博士の料理レシピ本に載っています。ヒルデガルトは「フィジカ」でフェンネルについて書いています。毎朝起きてすぐ、生のフェンネルシード(緑の小さな粒)小さじ半分くらいを4週間摂り、2週間休み、それからまた4週間続けて摂ると、自然な陽気さが戻ってきて、目も力強くなります。腸内ガス、胸やけにも働き、あらゆる胃腸粘膜のトラブルの治癒を助けます。また、ニンニクと同じように、フェンネルの精油が皮膚から浸透するので、体臭や口臭も改善します。ヒルデガルトの「フィジカ」のハーブ篇には、ハーブティーのレシピが出てきませんが、唯一フェンネルだけは、ハーブティーを薦めています。
★宝石療法 サファイア(青玉、蒼玉) 『ヒルデガルトの宝石療法』P.69
太陽の強い熱の影響を受けて、空気の変成作用で形成されるサファイアは、守護と癒しの石です。体に活力を与え、健康を維持する力を秘める治癒力を持つサファイアは、「宝石の王」と呼ばれます。心身のバランスが崩れたら、サファイアが救ってくれるかもしれません。フェンネル同様、消化も活性し、免疫力アップに働きます。『中世ドイツの修道院医学 ヒルデガルトの精神療法 35の美徳と悪徳』にもNo11 嘘、20 不信、22 贅沢、33 魔術に、サファイアワインで適応させています。