~Top Image Photos~

ドイツ・ミヒャエルスタイン修道院|ハルツ地方にある修道院で、修道院ハーブがハーブと野菜に分かれて庭ができている。修道院では、ハーブを使って病人の世話をしていました。

スイス・バーゼル大学薬草園|16世紀初め、バーゼル大学でパラケルススが医学部教授となり、改革を行ったが2年後に追放され放浪の旅に出て、医学書パラ3部の著書を描き上げました。


Dr.ディートリッヒ・ヴァープナー教授アドバイスより3種

バジルDemeter


黄色っぽい精油はOcimum basilicumの花と葉の蒸留から採れる。この植物は地中海全領域で野生している。多くの古い香水のレシピにはバジルが入っている。香りは大変心地よく、軽くリフレッシュするものである。
昔からバジルは胸部分の炎症、消化障害,黄疸などに用いられてきた。幾人かの著者は催淫作用があるとも言っている。16世紀になると、頭痛、偏頭痛、脳炎に対して一般に処方された。今日でもバジルは頭部全体の素晴らしい治療薬である。この脳に対する効果はローズマリーだけには劣るものである。インド人や昔の医者たちもバジルはうつに対する最良の薬だとしている。
ラベンダーやローズマリーと混ぜたマッサージオイルは痙攣、疲労した筋肉に効果がある。スポーツをする人、ダンサー、肉体労働者などはよく利用できるものであろう。その他に、このオイルは、バクテリアによる口と喉の問題である、口内潰瘍、口蓋感染症、口臭を消すための口漱ぎにも良い。
ベルガモット、ゼラニウム・ローズ、ヒソップと特に相性が良い。サンダルウッド、ラベンダー、グレープフルーツ、クラリセージ、パチュリ-、セージ、ローズマリー、ローズ、ジャスミンとのブレンドはも相性が良い。


マートルBIO


マートルはもともと北アフリカの原産であるが、今では地中海領域全般に育つ。精油は、フランス・コルシカ島、スペイン、チュニジア、モロッコ、イタリアで摘みたての枝葉から水蒸気蒸される。精油は薄黄色~オレンジ色の液体で、澄んだ、フレッシュなカンファーに似た甘い草の香りがする。少しユーカリを思い起こさせる。
マートルはユーカリやティートリーの仲間に属する。昔からマートルの葉と実は、下痢、赤痢、胸郭部のカタル性分泌の際に使われてきた。また太古には、ギリシアの医者たちは肺炎と膀胱炎になった時にマートルを処方していた。彼らはマートルの葉をワインに漬け、この方法で有効な成分を抽出していたのだ。葉と花はいわゆる「エンジェル・ウォーター/天使の水」として特有のもので、これは主に16世紀のイギリスでスキンローションとして用いられた。
マートル精油は特にリラックスさせてくれるもので、その中でもとりわけ(蒸気)吸入をする際に良い。この精油は、再生力があり、抗アレルギーの作用があるので、主要なお手入れのミックスに使われている。肌に張りを与える効果はローレル精油と似ている。それはクルト・シュナウベルト博士(ドイツの化学者)が花粉症治療に特によく使われる精油で、マートル、ヒソップ、カモミール・ジャーマンをブレンドする。


ヤロウ・ブルーBIO(セイヨウノコギリソウ)

精油は、花盛りの乾燥した花弁と葉から水蒸気蒸留により抽出される。色は紺色からオリーブグリーンの液体で、フレッシュな甘い草の香り、少しカンファーに似た、暖かな草と苦いアロマの香りがする。
太古から薬草として諸症状に幅広く用いられていた。それは熱、呼吸器官の感染病、消化困難、神経質な緊張、外傷、発疹、擦り傷なども含まれる。戦時の負傷には、この植物を直接当て又は、煮だした液にリネンを浸し傷に当て治療した(ヒルデガルトの資料にも)ノルウェーではリューマチにも用いられる。古くイギリスでは、血栓症的症状や高血圧に特別な薬であった。他の用途では、たとえば入浴剤として、皮膚の病に、香水やアフターシェーブに、ベルモットワインや健胃リキュール(薬草酒・胃の薬)の薬草として使われる。
シダーウッド、パイン、カモミール、ナルデ、ベチバー、メリッサ、クラリセージ、マートル、ラベンダー、マージョラム、ゼラニウム・ローズ、レモンと相性が良い