~Top Image Photos~

<ドイツ・オッティリエン修道院のシュトラーボ・ハーブ園
24種のハーブ類を正確に再現し、「修道院の薬草箱」著書の一人キリアン神父が病人の世話をした修道院

<エルチンゲン修道院ハーブ園
ドイツ・ウルム郊外、修道院教会に隣接してハーブ園と果樹園がある。現在ボランティアによって維持されています。



Dr.ディートリッヒ・ヴァープナー教授アドバイスより 第二弾

カモミール・ブルー(カモミール・ジャーマン)

Kmille blau(deutshe Kamilleドイツカモミール) 学名Matricaria recutita  (キク科)
花序の水蒸気蒸留により藍色のオイルが抽出される。この植物は、古くからの有効な薬草である。緊張状態、神経性消化不良、緊張による頭痛、睡眠障害、子供には落ち着かせ痛みを和らげる効果がある。結膜炎のような目のトラブルには、お茶の方が大幅に希釈したオイルを用いるよりもずっと適している。オイルは最良の肌の保護薬、特に、治りにくい古いストレス性肌の炎症に効く。子供の肌の治療にも有効。
この効果はBisabolbolビサボロール抗刺激性、抗炎症性、抗菌性とChamazulanカマズレン(蒸留の際にできる)の相互作用による。
ブレンドに適しているのは、ゼラニウム、ラベンダー、パチュリー、ローズなど


ラベンサラRavensara

学名Cinnamomum camphora  クスノキ科
ラベンサラRavensaraまた同じくラヴィンサラRavintsara(マダガスカル語)と呼ばれる。
ラベンサラは主にマダガスカルが原産である。木の実も同じような匂いがし、マダガスカルではナツメグの代わりに良く用いられる。それ以外にマダガスカルでは葉をお茶として煎じたり噛んだりする。精油は枝葉から蒸留され、特にフランスのアロマテラピーに使用される。精油は心地よいフレッシュな少しアニス、カルダモン、クローブの香りがし、カンファー的でもある。ラベンサラ精油は皮膚への使用にも穏やかである。
ティートリーの薬効(Cineol, α-Terpieolが含まれるところ)が似ているが、ただティートリーの持つ薬のような強い香りはない。香りとしては、マイルドなユーカリラディアータEukalyptus radiataのような香りである。現代では、ウイルスによる病気に対応できる。また、これは素晴らしい神経強壮剤である。不眠症の場合にも効果があり、マッサージオイルとしてマージョラムとラベンサラをベースオイルに入れると良い。これは子供にも良く効くと言うことである。
ブレンドに適しているのは、カユプテ、マートル、レモングラス、ローズなど
タオアシス社から
マダガスカル語のravintsaraラヴィンサラは、もともと「良い葉」を意味し、マダガスカルでは、クローブの木と言われるRavensara aromaticaの葉と同様、もう一方のこの葉も使用されており名前に混乱が生じた。今日、これらを統合し、ラベンサラとラビントサラの名を同一とみなし、同じ意味を持つCinnamomum camphora精油を使用することになった。この精油は、カンファー精油より、遥かにマイルドである。